歌手・夢子のページです。ライブ活動などを行なっています。「開かずの扉・千年の夢」(徳間ジャパン)が好評発売中です。

歌手・夢子の紹介

「開かずの扉・Cw.千年の夢」(徳間ジャパン)CDご購入はこちら(タワーレコード)
「開かずの扉」「千年の夢」 You tube(第3回みんなで歌王会)
新着ニュース
FM世田谷「坂井賢太郎の昭和バンザイ」に歌手の夢子が出演します!(4/7・4/14) 
東京都西部などでライブ活動を中心に活動している歌手の夢子(CDは徳間ジャパン発売中)が上記番組に出演します。
番組概要
・番組名:『坂井賢太郎の昭和バンザイ』
FM世田谷のホームページ
・放送局:FM世田谷・・83.4MHz
・放送日:2016年4月7日(木)およびの4月14日(木)の22:00〜22:30
・ラジオ聴取可能エリア:東京都23区西部(世田谷区、杉並区、中野区、渋谷区、練馬区、新宿区など)および多磨東部地区(武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市など)
なお当番組はインターネット環境があれば下記のURLでどこでも聴取できます。(リアルタイムのみ)
http://radio1.bitmedia.ne.jp/fm834/old_viewer.html
ラジオ収録時の様子(撮影:FM世田谷)
2016年5月17日(火)
江戸資料館(地下鉄半蔵門線・清澄白河駅近く)で行なわれる歌謡イベントにゲスト出演します。(入場自由)11時〜18時くらいまで
2016年5月21日(土)
中野区民ホールWIZ(西武新宿線・野方駅近く)で行なわれる歌謡イベントにゲスト出演します。(入場自由)昼頃〜18時くらいまで

プロフィール
所属 オフィス金子翠
レコード 徳間ジャパン
誕生日 9月23日
出身地 東京
趣味 旅行、書道、華道 (裏千家)
好きな食べ物 豆類
CD発売
2009年 今はさよなら (詞:内堀ミエ・曲:流つよし・編:花岡優平)
 あの日に帰りたい (詞・曲:流つよし)
2013年 開かずの扉( 詞:志賀大介・曲:星桂三・編:桜庭伸幸)
      千年の夢 (詞・曲:星桂三・編:桜庭伸幸)
活動歴など
江戸資料館でにて毎月ゲスト出演中
2013:吉祥寺・東急インにてランチショー出演
2014:青山のレストランにてジョイントショー出演
2015:風鈴会館にてジョイントショー出演
カラオケ教室の発表会、イベントその他ゲストなど多数出演経験あり

自己紹介・歌手になった経緯など
歌手を目指した経緯・時期、デビューのきっかけなど

小さい頃から歌うのが好きで、中学高校時代は音楽部(いわゆるコーラス部)に在籍していました。
卒業後は一旦はデザイナーを目指し新宿の文化服装学院に4年間通い関係したバイトなどもしていましたが、ほどなく家庭に入ってしまいました。
※生まれも育ちも東京、父親がサラリーマンで私の学校時代は一時期宮崎に転勤していましたが東京の親戚の家から学校に通っていました。

40代の頃に当時少し流行りだしていた「昼カラオケ」に通うようになり、そこで再び楽しみで歌うようになりました。しばらくすると出入りのカラオケ業者(DAM)の人に声をかけられることが2〜3回ありましたがその時はまだその気はありませんでした。

流れが大きく変わったのは11年くらい前の作曲家の星桂三氏との出会いでした。
このころになると自分も星先生に曲を作ってもらいCDを出してみたいと思うようになりました。ただ自分からはなかなか積極的に声をかけることができませんでした。

そんなこんなで2〜3年たったころ、作曲家の流つよし氏と知り合い、ついにCDデビューをすることになりました。それが2010年に発売した「今はさよなら」(詞;内堀ミエ・曲:流つよし)、「あの日に帰りたい」(詞・曲:流つよし)です。

その後星桂三氏にも思い切って自分から声をかけました。

そして2012年末に「開かずの扉」(曲:星桂三、詞:志賀大介)「千年の夢」(詞・曲:星桂三)を発売するに至りました。

尊敬する(憧れの)歌手
あこがれているのは美空ひばりさんです。

モットー・座右の銘
何事においても「真心(まごころ)」という言葉を大切にしています。上っ面のことばではなく本当に心をこめてということを常に心がけるようにしています。

趣味・マイブーム

好きで長年小物のアクセサリーを収集しています。コレクションといえるくらいあり先々は販売しようかな?(冗談)と思っているくらいです。集めて見て楽しむだけでなく知り合いに差し上げたりして喜んでもらっています。